ニックネームとある日の日記
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2019年12月18日(水) 17時51分

虫歯のない子どもに育てるには何に注意したらいいですか?

乳歯はお母さんのおなかの中で胎生7週くらいから出来始めます。
丈夫な歯を作るために…

●母体の健康に気をつける
●妊娠期、授乳期、子どもの成長期には3度の食事でバランスのとれた栄養を採る
●離乳食は薄味にし、小さいころから出来るだけ甘いものを与えないようにする
●良質のタンパク質をはじめ、各種の栄養素をまんべんなく摂取する(インスタント食品や加工食品ではどうしても栄養が偏りがちです)
●カルシウムやフッ素の多い小魚や海草を心がけて食べる
●噛みごたえがあり、唾液の分泌を促して歯についた食べかすを掃除できる繊維性食品を取り入れる(現代の食生活においては、やわらかい食べ物が多く、歯に付着しやすいものです)
●規則正しい食生活を行い、だらだら間食をとらないよう気をつける

お口の中には、細菌や食べかすなどが存在し、これが腐敗・発酵してむし歯や歯肉炎などの障害を生じさせます。(超音波スケーラー https://www.dentaltools.jp/category-5-b0-%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC.html
これらの不潔物を取り除き口腔内を清潔に保つうえでも歯みがきは欠かせません。

歯みがきの効果は…
虫歯や歯周病の予防のほかに、お口の中の爽快感、口臭を防ぐといった効果もあります。(歯科治療器具 https://www.dentaltools.jp/category-41-b0-%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88.html
さらにデンタルフロスを加えたプラークコントロール、シュガーコントロール、シーラントやフッ素などを組み合わせ、小児の口腔環境を変えて行けばもっと虫歯を防げるのではないでしょうか?
この記事へのトラックバックURL
https://jimlent.prtls.jp/tb/d_12192e33117e3c121
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 5 月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31