ニックネームとある日の日記
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2019年11月27日(水) 13時01分

そのニオイの原因、知らない間に進行しているかも!?

寝起きなど唾液が循環していない状況ではニオイが発生しやすいですが、起床してから唾液が循環していけばニオイはなくなっていきます。しかし通常の生活において、たとえば歯周病は歯と歯肉のポケットが深くなる病気なのですが、細菌がそこに浸透していくとなかなか歯磨きでは取りきれません。常に細菌が残ってニオイを発生させているという状況になります。

初期の段階では自覚症状がなく、多くの人が気づかないままに進行していきます。歯を磨いているときに出血があれば要注意。病気が進行すると、歯ぐきからの出血に膿が混じり、口臭もひどくなっていきます。
(歯科診療ユニット https://www.dentaltools.jp/category-41-b0-%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88.html
虫歯も同様で歯に穴が開いていくわけですから、小さいうちはまだ掃除ができるため口臭が強くなることはありませんが、そのまま進行すると神経まで侵され、神経が腐るとさらに強烈な臭いを放ちます」

想像しただけで、ゾッとしてきました。確かに、臭そうです……。

「歯垢とは、歯の表面に付着する細菌のかたまりです。食べカスではないんです。食べ物の残りカスを栄養とする微生物とその代謝物からなり、長期間たつと歯石をつくっていきます。これが虫歯や歯周病の原因になります。

ほかにも、過去に治療でかぶせた金冠に穴が開いたり隙間があったりするとそこに汚れがたまり、お口の中が不潔になります。結果細菌だらけなわけですから、口臭の原因になることが多いです」

そう言われてみると、口臭の原因って自分では気づきにくいものばかりですね。

「自分のニオイって慣れちゃうんです。今は家電店で購入できる、簡単で持ち歩き可能な口臭測定器もありますから、心配なら自分でチェックするのがオススメです。そして、どうも治らないということなら歯科を受診するといいです。

ただ注意してもらいたいのは、“口臭”を主訴にして受診すると上記のように病気があるかなどのチェックはせずに口臭外来を紹介されるかもしれません。“虫歯や歯周病のチェック”をしてもらうというのがよい使い方になりますが、これは今の日本では健康保険適用外になります。

言ってしまえば、仮に歯科で診察をしてもらったとしても、目視ですべての疾患については確認することはできません。一般的な検診でも同様です。それは、体調が悪くて病院で診察してもらっても異常は見つからなかったけど、人間ドックで調べたら思わぬ病気が発覚した、ということと同じです。

ですので、『デンタルドック』(口腔内の精密検査)などですべての歯をチェックするのをオススメします。レントゲンやCTによる検査、細菌の有無などを調べることが大切です」(口腔内カメラ https://www.dentaltools.jp/category-1-b0-%E5%8F%A3%E8%85%94%E5%86%85%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9.html
この記事へのトラックバックURL
https://jimlent.prtls.jp/tb/d_113a311d7e3b1bf
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 5 月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31